キャッシング業者ごとの金利差について

賢い借り入れの為にキャッシング業者と銀行との金利の違いについて知りましょう!

キャッシングサービスを利用する際の各業者によって、お金を借りている間に発生する費用の一つ、金利の利率にも違いがあります。

ですから、ある意味では当然のことですが、この金利に着眼点を置いた上で、実際に借り入れ契約を行う業者を選ぶという方法も、一つの選択肢としてあげられます。

実際にキャッシングサービスを提供している各業者の広告などを見てみても、金利設定に大きな違いが出ていることがわかります。

例えば、ある銀行系業者の場合、他のキャッシングサービスを提供する業者の金利設定と比べ、年利にして約5パーセントほど低く設定されている物もあります。

これは、銀行という、非常に安定した経営状態をもち、また、社会的にも信頼の置ける金融機関である事に加え、実際に銀行系のキャッシングサービスを利用する際、事前に行われる審査が非常に厳しいこともあってか、利用者の大半が、支払いに何の問題も無い優良ユーザーである事などが挙げられます。

いわば、利用するまでに厳しい関門がある反面、利用許可が下りた方に対しては、破格の対応を行っているというわけです。

反対に、キャッシング利用の閾値が非常に低い業者の場合、金利が高くなる傾向があります。

これは、何方でも利用する事ができる反面、手数料名目で金利を高く設定していることなどが、理由として挙げられます。
リンク